ブログ5年目!今までの振り返り!

 

 

こんばんは!亜伊梨です

いつもお読みくださりありがとうございます!

 

4月1日、無事に20歳を迎えることができました!

そしてこのブログ開設5周年!

 

というわけで、今日は今までの振り返りなどを
ざっくりしていきたいと思います!

お付き合いよろしくお願い致します!

 

 


とりあえず、過去記事を振り返ってみた

 

 

振り返ればそうだ、

たしか最初はわたし、「因幡」と名乗っていたのですよね~

今現在は、皆さまご存じのとおり「亜伊梨」として活動しているのですが。

 

またおいおい話すこともあるかもしれませんが、
「亜伊梨」というのは本名です。

「亜伊梨」と読みます。

なかなか変わった漢字で読ませてますよね(笑)

「亜伊梨」という名前自体は珍しくないものの、
この漢字の組み合わせは珍しいかと思います。

(だいたい「愛理」とかですよね)

 

まあさておき、
ブログを始めた当初はFC2ブログを利用しておりました。

また、「因幡の画力向上日誌」というタイトルでやっておりました。

 

最初に載せた絵がこれ。

うん。

(遠い目)

当時、16歳です。

これから練習してイラストレーターになるぞ~!
みたいな頃です。

 

これは、わたしが初めて描いたデジタル絵です。

うん。

(遠い目)


制作時間:4時間

よくもまあ、この絵に4時間もかけたことです。

ある程度、絵が描ける人なら分かると思うのですが、
この絵に4時間って、逆にすごくないですか…!?

 

趣味で絵を描く分には全然問題ないのですが、

このレベルでプロになってお金を取る、
というのは難しい

というのは当然分かっておりました。

 

だからこそ、このブログ、
「画力向上日誌」を始めたのです。

タイトルのとおり、
最初はひたすら画力を向上させるべく練習するブログでした。

 

 


ポーズ集などの模写をはじめました

 

 

その他、参考になるとネットで勧められてる本を
模写してました~

ファッション雑誌の模写も勧めれらてたので、模写しました

 

 


そんなこんなで2年目にはこれくらいは描けるようになりました

pixivの高校生イラストコンテストに応募したものです。

この頃くらいからイラストコンテストに応募するようになりました。

ちなみにこのピンクの子は、
オリキャラの梅ちゃんの原型です。

 

 


2年目のある日、お仕事をもらう

 

ひょんなことからスパイダーっちょさんと知り合い、
お仕事をいただきました。

ちなみにそのきっかけを書いた記事はこちら→ひょんなこと
(記事の後半に書いてあります)

せっかくなので動画も貼っておきますね↓
ミクさんの曲です。

 

 

その後をざ~~っと書くと、


オフ会に行って、迷子になってたどり着けなかったり、

オフ会(に辿り着けなかった)レポ【2015】


イラストコンテストに落ち続け、

イラストコンテスト 投稿4回目


その後もいくつかお仕事を頂くなど、色々ありました。

二度目のお仕事
動画のイラスト描かせていただきましたっ【嘘がつないだ君とわたし】

 

 

それから、


ブログ3年目、出版社にイラスト持ち込みを計画しはじめる

 

出版社にイラスト持ち込みしよう、
と思い立って、色々調べ始めました。

3年目はずっと、持ち込み用にイラストを描きためてました

時々、お仕事などをさせて頂きながら。

 

 

 

んで、


4年目、ポートフォリオ(作品集)完成、持ち込み

 

 

出版社さんの都合上、持ち込みをすることは出来ませんでしたが、
郵送でポートフォリオを送りました。

出版社への持ち込み結果【児童文庫・児童書】

 

 


で、現在、5年目に至ります。

 

今年度、5年目の目標は、

・イラストやわたしのことをもっと知ってもらうこと(認知度?的な)

・そのためにもコミティア(イベント)に出たり、創作活動に力を入れること

・出版社が主催系のイラストコンテストに参加して賞を取ること(あわよくばお仕事←)

です。

 

 

今わたしはまだ学生なのですが、(しかも20歳にして高校生)

あ、高校生なことについては次回にでも詳しくお話しましょうか!

それがいいですね!学歴がいろいろややこしすぎるのですが!また次回!

 

 

あと1年で卒業予定なので、卒業までに色々頑張らないとな~、
と思っております。

活動を活発にしたい!頑張ります!

 

今後もどうか見守っていてくださいますと、幸いです。

今日も長い長い文章でしたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました!‹(_ _)>

また次回~!

7
メニュー