外出先でもデジタル絵描けるようになったよ【作業環境】

3年目 / 2015年度

20160108

 

こんにちは、歩く黒歴史製造機です、嘘です、亜伊梨です

…嘘なのか?!嘘だといいな。そう信じたい、いや、信じる。

初めての方は初めまして、
いつもお越しの方はいつもありがとうございます!

 

ブログ更新についてですが、

徐々にペースを上げていけたら、と思っていますので
どうかごゆるりお付き合いくださいまし<(__)>

 

 

今日はわたしの絵を描くときの作業環境について書こうかと思います。
去年くらいまでは、Wacom製の液晶タブレット「Cintiq 13HD」を使っていました。

 

20160111

↑これですね。

 

液晶タブレットというのは、
液晶画面に直接描き込むような形で絵を描きます。

パソコンに繋いで使います。
単体では使用できません。

 

が、この度あらたに「Cintiq companion2」
というものを購入致しました。

ええっと、「Cintiq13hd」と「Cintiq companion2」が
どう違うかといいますと、・・・・・・。

 

こちらをご参照ください。↓↓↓

ペンタブレット徹底比較
こんな液晶ペンタブが欲しかった! 漫画家による「Cintiq Companion 2」徹底検証

 

ようするに、大きな違いとしては

・13hdはPCに接続するものなので繋がないと使えない
・companion2はそのものがwindows搭載タブレットなので単体で使用可能

 

いつでもどこでも!
PCのない外出先でも絵が描ける!!

 

そこに魅力を感じて購入しました。
…ただ、めちゃくちゃ高いんですけどね(・・;)

外出先ではこんな感じに↓↓↓

20160115_2

 

そして実はこのcompanion2さん、外部ディスプレイに出力する機能も
ございましてですね…

20160109_2

 

家ではこんなかんじでマルチディスプレイで使用しています。
(もちろんこのディスプレイもあらたに自分で買いました。)

 

それが現在の作業環境です。だいぶよい環境になったよ。わいわい。

 

作業環境をこのようにしたのは、

少しでも空き時間などをうまく活用、というか
絵を描く時間に当てたかったからです。

将来的にイラストで食べていけるようになりたいと思っています。
ですので、少しでも多くの時間で絵の練習をしていたい、と思ったのであります。

 

いやまあ、アナログでならこれ買わなくても作業出来るわけですが、
デジタルメインで絵を描いているものなので、デジ絵を進めたいときに重宝するのです。

特に現在は、持ち込み用のイラストを描き溜めている状態(もちろんデジタル絵)なので
とても助かるのです。

 

息抜きにらくがきモルさん↓

20160115

 

 

あ、ちなみにこのcintiq companion2とディスプレイですが、
もちろん全部自分で購入いたしました。

お年玉やら今までの貯金やらで買いました。

 

調べるとわかると思うのですが、
目ん玉飛び出るくらい高いものです。が、それでも必要だと思ったので購入。

小学生、中学生くらいの頃、貯金が趣味で良かった(笑)

 

たしか子供ながら、

(今、自分が欲しいおもちゃやゲームにお金使うより、
 将来、本当に欲しいものが出てきたときに使うべきだよなあ)

なんて思ってた気がしますw

結果的にはそれで正解だったですね

 

ふうう。

あとは記事の冒頭に載せた絵。
以前に比べ、だいぶ質感表現出来るようになったかな~と。

20160108_2

 

さて、今日はこの辺にしておきます。

あらたにまた、お仕事頂きましたし(ありがとうございますっ)
児童文庫向きのイラストもぼちぼち描いていかないといけませんしねっ。

 

次回はどんな内容の記事を書こうかな。
書きたいことは山ほどあるのですが、なかなか時間がとれなくて。

あと、ブログを更新しようとすると、
だいたいなにかしらの外的要因により、体調が悪化し動けなくなるという…。

なんなんだろう。ほんと。なんなんでしょうね(泣)
申し訳ないです…(泣)

 

何はともあれ最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!
またお願いします!

4
3年目 / 2015年度
前の記事
あけましておめでとうございます【2016】
次の記事
ポートフォリオ作成、本格的に始動しました(1)

関連記事

見つかりませんでした。

メニュー