児童文庫についてちょこっと調べました

20151004

 

初めての方ははじめまして。
いつも読んでくださってる方はこんにちは!

…学校でいつも早弁してるのがみんなにバレました、亜伊梨です。
ああああっ!!恥ずかしいったら恥ずかしいっ!

 

前回の追伸に書いたとおり、
最近は新たに頂いたお仕事のイラストを描いておりました。

無事に提出し終えたのでこうして今、ブログを書いております(ㆁωㆁ*)

どんな仕事の内容だったのか、などは
次回の更新時に、お知らせできると思います。

 

 

さてさて今回も、前回、前々回に引き続き、
出版社に持込みに行くよシリーズ(?)です

うーんと、持込みに行ってくるまでは
しばらく続きますのでどうぞよろしくですヾ(;´▽`A

 

というわけでございまして・・・
ででんっ

20151018

 

児童文庫についてちょこっとですが調べてみました。

写真に写っているのはですね、
元々持っていた文庫本と、持込みのために買ってきた本たちです。

 

児童文庫とひとくちに言っても、いろいろありますよね。
いろいろあるわけですから、
表紙や挿絵のタッチや雰囲気もいろいろだと思いまする。

 

 

そのなかで今回、わたしが持込みに伺いたいなと思っているのが
次の4文庫様です。

(あ、でも実はですね、
下記の文庫様方がイラストの持込み自体を受け付けているのか、
まだ分かりません。

ですのでこれから問い合わせてみるつもりでおります。)

 

 

1.角川つばさ文庫様

20151018_2

最近よく書店で見かけるようになった気がします。
KADOKAWAが出している児童文庫。

新作の児童文庫だけでなく、「ふしぎの国のアリス」など過去の名作、
「涼宮ハルヒの憂鬱」などのライトノベルの児童文庫版など
多様なジャンルが出ているようです。

 

2.青い鳥文庫様

20151018_3

「黒魔女さんが通る!!」シリーズなどで有名な文庫。
小学生のころ、友達もよく読んでいました。
講談社が出している児童文庫です。

 

3.ポプラポケット文庫様

20151018_4

ポプラ社が出している児童文庫。
小学生の頃、夏休み直前によく注文カタログが配られました。
「らくだい魔女」シリーズなど。

 

4.フォア文庫様

20151018_5

岩崎書店、金の星社、童心社、理論社が協力出版している児童書です。
「妖界ナビ・ルナ」シリーズなど。
この作品が大好きで、何度も読み返したくらいなのです。

 

 

主にこちらの出版社様に伺いたいと思っております。

さきほども書いたとおり、
まだ持込みを受け付けているか分からないのですがヾ(;´▽`A

あくまで予定です、予定…!

 

それにまずはイラストをたくさん描いてポートフォリオを
作らなくてはいけないですしね!

…息抜きに最近描いたやつをぺたり。

20151005

↓の絵は描きかけのものです。はよ完成させよう…(・・;)

20151018_6

 

…ふうう。久しぶりにたくさん文字書いたから
ちょっと疲れました(笑)

ここまでですでに1000文字超えてるぞ…。

 

児童文庫について、まだ書きたいことがあるのですが、
疲れてしまったので次回以降に回しますね…!

 

 

以下、雑記です。

といっても、書きたいことが多すぎて、
逆になにを書けばいいのか分からないぞ…!?

 

…よし、とりあえず、
前に使ってたtwitterのアイコンでも載せておきましょう…!

plofile2

…すみませぬ、基本こんなアホなことばっかしてます。

 

この間なんかですね、オカマの親友に
わたしの99%は「ネタ」で出来ている、なんて言われましたもの…!

なんだと…!?ていうか残りの1%はなんだ?!

 

あと彼氏に宇宙人扱い(?)をされております。
なんじゃそりゃ。

…そう。そうなの、です、彼氏、ができたのです…

実は半年くらい前からお付き合いしているのですが、
恥ずかしいので内緒にしておりました、はい。

初めての彼氏です。

 

びっくりですね、こんなアンダーバー星人にも彼氏って
できるものなのですね。

だってだって、ねえ。学校でオカマの親友と一緒に
「決めるぜ!アタシのっソーラン節アンダーバー!!」
とか叫んでる世にも奇妙な女子高生ですよ

ねえ?動画を見ればだいたい分かると思うのですが、
…よくもまあ、できたなあ…と。

 

小学生のときなんか、当時好きだった人に
「小島よしおのマネやって!」
と頼まれて、全力でモノマネした人ですからねえ。

ヒゲダンスも踊ったぞ…orz
なにやってんの、昔のわたし。

 

…書いてたら恥ずかしくなってきたぞ?!
消えろわたしの黒歴史…!!

 

ううう。なんて恥ずかしい。(じゃあブログに書くなよ、というw)
…せめて、早弁するくせは直そうと誓う亜伊梨なのでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

…なんかいっつも言っている気がしますが、
ブログ書いている中の人が残念すぎてごめんなさいっ(涙)

でも読んで、少しでも笑ってくれるとわたしはとても嬉しいです
真面目な話、わたしの存在は「ネタ」でよいのです

よいのでちょこっと笑ってくれると嬉しいなあ。
わたしは人の笑った顔を見るのが好きなのです。

ではではまた次回の記事にて!ありがとうございました!

12
3年目 / 2015年度, イラスト持ち込み記録
前の記事
絵柄に合った出版社を探すぞっ
次の記事
ようやく見つけたわたしの描き方

関連記事

見つかりませんでした。

メニュー